作業服(ユニフォーム)・ツナギ服・鳶服・安全靴・白衣・革手袋でご用達通販専門店ミキヤ衣料の健康メモ

健康についてhiroが実行している事を公開します!やっぱり健康第一ですものね

| H O M E |  お問い合わせ | お店案内 | お買物の前に | サイトマップ | お気軽にお電話下さい

このページはhiroが健康についてわたくし自身が実行している事を公開していまーす (*^∇^*)ノ゛

実践している事、そしてそれが何に良いのか?どういいのか?ナドナド、hiroなりに簡単に書いていきますので、
参考になさって下さいまし ♪(* ∇ )
今さらながら・・・という部分もありますが、意外と詳しい効用を私は知りませんでした ( ̄ ̄;)
そして、参考URLも貼っておきますので、コチラもご参考に☆
こちらは不定期更新。わたくしが健康について良い情報を得たら、即更新しますっっ v(*'-^*)^☆


● 注目しているお野菜、しょうが 

主に薬味として使われるしょうが。

主では頂かないけれど、このしょうがにはスゴい効能があります。

そして、しょうがは生であればある程、 「ジンゲロン 」 が生きている。

焼いても煮ても効果はあるらしいけど、生には勝てない!!

生の場合は空気に触れると酸化してしまい、ジンゲロンの効能も激減 (ο__)ο

例えば、冷奴などに薬味として食べる場合は食べる直前にしょうがをすりましょう!

カゼにはしょうがが効きますよ ♪(* ∇ )

カゼの引き始めに騙されたと思って(騙してはいませんが)、是非しょうがをすって食べてみて下さい。
と、言ってもしょうがだけを食べるのもちょっと大変そうなので、冷奴やお造りなどの薬味に (o^─^o)


● 注目しているお野菜、キャベツ 

親しみやすく、色々な料理に使われたり、付け合せにピッタリなキャベツ。

そんなキャベツの主な効能は・・・

1) 免疫力を高め、ガン予防に効果あり!

★ キャベツには免疫力を高める効果があるとともに、
  ガンや心臓病を防ぐ効果を持つといわれるイソチオシアネートという物質が含まれています。

2) 体の老化を防ぐ抗酸化力が強い!

★ 様々な病気の原因となる酸化を防ぐ働きを抗酸化と呼びますが、
  キャベツはこの抗酸化力が強く、老化防止、硬化や脳梗塞予防にも効果があると言われています。

そして、キャベツの有効成分とは。

● イソチオシアネート / 発癌物質の活発化を阻止、異常細胞の増殖を防ぐ

● ビタミンK / 止血効果、骨作りに重要な役目

● ビタミンU / 胃の障害を阻止、飲酒による胃の荒れの防止、肝機能のアップ、脂肪肝の予防、
           活性酸素の除去

キャベツは食べやすいお野菜。色々な手を加えてもおいしいし、簡単調理もできてしまう優れモノ!
料理する時間がないなぁって方は、野菜炒め!!
ザクザク切ったキャベツを主にしいたけや、ピーマンなどを入れササッと炒めるスグに調理できます。

ココに高たんぱく低カロリーである「豚肉」を入れたり、炒める事でニンジンのベータカロチンをアップさせたり。

野菜サラダになると沢山食べないと栄養は摂れないけど、炒めると半分ぐらいの量に減るので、
ドンドン頂けます。


● 注目している食べ物、お味噌汁 

一年中、人気不動なお味噌汁 (o ̄▽ ̄o)

タンパク質 / コレステロールの低下、血管の弾力性保持、脳卒中防止
ビタミンE / 過酸化脂質の生成防止、老化防止
サポニン / 過酸化脂質の生成防止、血中コレステロール等の低下、動脈硬化の防止、肝障害の防止
トリプシンインヒビター / 抗ガン作用、糖尿病の防止
イソフラボン / 酸化防止、肩凝りの解消、抗変異原生、乳ガン予防
レシチン / コレステロールの低下、動脈硬化の予防、ボケ防止
コリン / 脂肪肝の防止、老化防止
リノール酸 / 高血圧の防止
褐色色素 / 過酸化脂質の防止
食物繊維 / コレステロールの低下、大腸ガンの予防


色々な効用がありますが、注目したい点が 抗がん作用 があるって所!
詳しくはコチラ

特に 愛煙家の方 にはオススメ!!!

ただ、お味噌汁って言ってもやはり気になるのが「塩分」。
度々、食する場合は塩分を控えめに☆
そして、具沢山のお味噌汁だとお野菜も摂れて、栄養満点のお味噌汁に!


● 注目している飲み物、お酢

最近、意識して飲み始めたのが「お酢」。
もう、こうなったらトマトジュースでしょー、お酢でしょーそして、水2リットル・・・
飲むしかないカモ * ̄∇ ̄)ノ

と、わたくしは毎晩飲むようにしています。お酢 (* ̄▽)ノ
詳しくはコチラ

今はコンビニやスーパーなどでも飲みやすいお酢系飲料水がたくさんでています。

すんごくおいしくて、飲みやすいので、甘い系飲料水もホドホドに、こういった健康系飲料水もいかが? ♪(* ∇ )


追記
こちらのサイトさんもウルトラ参考になりました! 詳しくはコチラ
ちなみに、こちらのサイトさんにも記載されていますが、1日に必要な摂取量は15ミリリットル以上。
日本人の平均摂取量は5ミリリットルだそうです。
お酢ってそのまま飲んでもいいらしい。
が、しかしあまりに酸っぱい域を超え過ぎているお酢 (o><)o
良薬、口に苦しとはこの事カモ・・・

● 注目している飲み物、トマトジュース

トマトジュースにもとても良い効果を体にもたらします。 詳しくはコチラ
そしてそして、体内で発生する体によろしくない活性酸素を消去する働きもあります!!!!! 詳しくはコチラ
そんな訳で体内のいらないモノはとっとと、消去していまいましょう!


わたくしはトマトジュースが大好きで、よく飲んでました。
ですが、こんなに良い効果があるなんてハッキリ言って知りませんでした …( ̄  ̄;)
これからはドンドン飲んでいきたいと思っていまーす。

● 半身浴

「疲れを取る」がテーマ化していますが・・・(o ̄∇ ̄)/
ストレス社会で生き抜いていくには、やはり疲れを取るのがイチバン!!!
毎日、出来るだけ続けられ、安上がりな半身浴。

その効果とは、冷え性改善、体内毒素を出す、肌がキレイに、肩こり改善などなど。。。


hiroは15分を3セットコースをやっていますが、出来ない日は2セットとかをしています。
15分半身浴をしたら浴槽から上がり、軽くストレッチ等をします。そして、お水を飲みます。
かなりの汗が出るのでお水は合間に必ず飲んで。
そして、又、15分半身浴します。これを3セット繰り返すだけ。
血液循環が良くなり、毎日続けると体の疲れも全然違ってきます v(o^─^o)v

● 大豆イソフラボン

特に女性に欠かせない大豆イソフラボン。サプリメントから摂るよりは食べ物から摂る方が良いと私は思います。
だって、おいしぃモノばかりですもーん ♪(* ∇ )
そんな大豆イソフラボンの効果とは。。。特に女性必見ですっっ (σ ̄∇)σ

1)のぼせ、ほてり、心悸亢進、発汗、冷え性、憂うつ感、焦燥感、不眠、耳鳴り、記憶力・判断力の
低下、しびれ、下痢、頻尿、肩こり、腰痛、全身倦怠感などの更年期障害は女性ホルモンの不足が
引き金となりますので、女性ホルモン作用をもつイソフラボンはおおいに有効。

2)骨からカルシウムが溶け出すのを防ぎ、骨の密度を保ちます。

3)女性ホルモンの激減を緩和します。

4)女性ホルモンの欠乏を補うと同時に、女性ホルモンの分泌過剰に対してはそれを抑える方向に働きますので、女性ホルモン過剰が引き金となる乳がんの予防にも役立つことが明らかにされています。
乳がんと同じようにホルモン依存型である前立腺がん、子宮がんに対しても、イソフラボンは効果的に働くと考えられています。
また、イソフラボンにはがんが作り出す新生血管の阻害活性、抗酸化作用なども報告されていますので、乳がんや前立腺がん以外にも、大腸がん、肺がん、肝臓がん、胃がん、白血病などの多くのがんの予防に対する有効性が期待されています。


5)イソフラボンは悪玉を減らすうえに善玉を増やすという理想的な実験結果を出しています。

6)女性らしい体をつくるエストロゲンと同様の働きがあり、美白作用、保湿性の向上といった肌の美容効果も認められています。ほかにも豊胸効果(バストアップ)や生理不順の改善など、女性にうれしい作用があります。

イソフラボンの摂取量は一日に40mg〜50mgが理想です。
これは、豆腐なら150g(半丁)、きな粉なら20g、納豆なら60g(1パック)です。
過剰摂取は勿論ダメです。


夏場は特に食欲がなくなる方も多いと思います。
そんな中、hiroはある日に豆腐サラダを食べてみた所、あまりにアッサリしていてハマり中 (o^─^o)
ついでに、大豆イソフラボンについても調べてみましたらこんなに良い効果が!!!!!
豆腐サラダは簡単だし、お野菜は何でも添えてOK!私は特にスプラウトというモノを必ず添えています。 そのスプラウトというお野菜、とてもスゴい効果があります。詳しくはコチラ
こんな効果があるのねっっ!!!と、思いながら食べると効果倍増しそうです☆

● 日焼け対策

日焼けは男性陣、女性陣関係なく予防したいものです。
特に外の現場へ出て作業をしている人の日焼けは本当に困ったモノです。
それに、体にも良くない影響を与えています o(≧〜≦)o
真っ黒になってイイ男っぷりを上げるのも一つの手ですが (* ̄▽)ノ
オゾン層の破壊で紫外線は年々強くなってきています。
女性陣は特に日焼けは大敵ですよね。
そんな中、日焼けを防止する対策はせいぜい日焼け止めクリームを塗るぐらいしか策はない。
ですが、食べ物から日焼け対策が出来るモノがあります。
その、優秀な食べ物とは、「かぼちゃ」と「ほうれん草」です。
こちらの食べ物は、食べてから約10時間後に効果発揮されるので、夕飯に摂るのがベスト!
女性陣はかぼちゃ、ほうれん草と、日焼け止めクリームで中から、外から紫外線防止に挑みましょ
v(*'-^*)^☆


● 毎日一日、お水を2リットル飲む

人の体は一日に2リットルの水分を外へ出しています。
何を飲もうが、飲むまいがとにかく汗やお手洗い等で水分を外へ出しています。
体が疲れやすくなっている原因の一つに、血液がドロドロ状態になっている事が理由の一つにあります。
特に真夏は現場で仕事をされる方は汗だくだくになりますよね。
水分補給をしてあげて、血液をサラサラにしてあげましょう。
水分補給はシッカリ過ぎるぐらいシッカリと摂り、甘いモノ系ばかり飲むのではなく、お水を飲む習慣をつけてみては?


ヒロは毎日、お水を2リットル飲むように心がけています。
冬はさすがに飲む量は減りますが、春先から真夏にかけてはジャンジャン飲んでいます。
そのお陰か、真夏特有のダルさはかなりなくなっています☆




Copyright 2011ワークショップ ミキヤ衣料. All rights reserved.      ★ mail  ★ 特定商取引の表記  ★ 返品・交換について